私たちが実践しました!


「発音」ができると英語力がアップする

Erika(左)

2012年10月オーストラリアの大学に留学。

3年の課程を2年8カ月で卒業し、現在は教え方研究所講師として活躍中!


Erina(右)

高1の時、学校のプログラムでカナダに3ヶ月ホームステイしました。

現在は、英語を活かせる職場で頑張っています♪



私たちは 特別な教育を受けなくても

自然に英語を話せるようになりました


なんて言うと、

「帰国子女なの?」「頭がいいからでしょう?」「両親が喋れるんでしょう?」

と聞かれるのですが、全部不正解です。


学生時代に英語の授業で苦労した親に育てられた、ごく普通の女子です。

英会話スクールなどには一度も通ったことがありません。

ただひとつだけ、ちょっと変わった育ち方をした点があります。


それは、父に英語の『音』を聞かされて育ったことです。


言葉を話し始める2~3歳の頃から、父は私たちに、TH や R などの音を発音して見せて真似させる、ということを繰り返していました。(父の実験の始まりです。)


すぐに真似してできるようになったそうですが、私たちはその時のことをほとんど覚えていません。

まぁ、そんな小さな子にとっては、日本語も英語も区別がないですから、無意識のうちに刷り込まれたって感じでしょうか。


それと同時に、当時大好きだった英語版のディズニービデオを、擦り切れるほど何度も観ていたのも良かったようです。

キャラクターたちが話す高い音域や、日本語とは違う英語独特の抑揚のある話し方が刷り込まれ、英語を話すベースができあがったのです。



英語の勉強を始めたのは

中学に入ってからです


公立中学に入学して、クラスのみんなは難しいと言っていましたが、私たちは英語の授業が楽しくて仕方ありませんでした。(^q^♪


私たちは、音が正確に聞き取れるので、先生の発音が不安定なのがよくわかってしまうんです。


「I think ~」という文を先生が読むと「I sink ~」と聞こえます。

これでは「私は~考えます」ではなく「私は~沈みます」です。

だから毎回、「ハイ、また沈んだ~!」と心の中でツッコんでいました。(先生ごめんなさい)



スペルを見れば発音できるし

聞いたまま綴ればいいので

暗記する必要がありません


友達が「Language」のスペルを「ラングアゲ」と覚えていると言うのを聞いて、とてもびっくりしました。


英単語をいちいちローマ字読みして暗記して、

日本語の意味も暗記して、

文法も暗記して。


みんな頭良いんだなぁ、って。


私たちは、スペルを見れば読めるし、耳で聞いたらスペルを想像して書くことができます。

教科書も物語を読むように、ストーリーを理解していました。


リスニングも問題なく、自然に日本語の意味と結びついて、テストでも良い成績をとることができました。



こんな調子だったので授業が楽しくて、

どんどん英語が好きになって、

気が付いた時には、ALTの先生とも普通に会話ができるようになっていました。



子どもの頃に見ていたあのディズニービデオが英語だった、ということに気が付いたのは最近のことです。


それくらい自然に入ってきていたので、まったく意識することなく、英語も日本語と同じように私たちの一部になっています。



「発音ができた」おかげで、英会話スクールなどに行かなくても、私たちはいつの間にかバイリンガルになっていました。


父の壮大な実験の結果をご覧ください。↓




私たちはとてもラッキーだったと思います。

日本の子どもたち、みんながそうなればいいのにな♪

そう思って、いま、英語発音矯正塾で正確な発音方法を教えています^^