講師紹介

​田中 栄一(父)が教え方やトレーニングを開発して、

田中 えりか(姉)が実際に教えて発音チェックをして、

田中 えりな(妹)がアシスタント、

田中 えつこ(母)が事務担当です。

田中 栄一

​教え方研究所 代表

教え方研究家

アイティソルブ株式会社 代表取締役

株式会社山城経営研究所 主任研究員

英語脳力コンサルタント

​<略歴>


高校卒業後、ハンググライダーのインストラクターをしていた頃、「安全に上達させる教え方」を研究し始める。

1984年、単身オーストラリアへ渡り、ハンググライダー世界チャンピオンの元で修行を開始。

この時初めて生の英語に出会い、自身の英語力の乏しさを実感。

意味とスペルを聞きまくって、必死に発音の練習をする。

翌年から世界各地の国際大会に出場し始め、

1986年、日本選手権で優勝。21歳で最年少日本チャンピオンとなる。

その後も世界を転戦する中で、独自に英語をマスター。

確実に通じる発音法と、誰でもできる訓練法を研究。

1990年、結婚。2人の娘に英語発音を日常的に教える。

国内ではハンググライダーの練習法を研究し、インストラクター育成や若手育成に力を注ぐ。

以降、ハンググライダー界に留まらず、広く人材育成講師として活動。

2012年、教え方研究所を発足。

ビジネスパーソン向け『英語発音矯正塾』、企業向け研修プログラム、

子供向け『えいご発音あそび』など、各種講座を開講。

2016年、TEDxHimiに登壇。

自身のハンググライダー人生で得た経験をもとに、どう「人が育つ教え方」を確立してきたのかを披露。

 

田中 えりか

​発音アドバイザー・発音チェッカー

​<略歴>


1990年生まれ。茨城県石岡市出身。

茨城県立竹園高校国際科卒業。

2012年10月、オーストラリア・ゴールドコーストにある 

Queensland Institute of Business and Technology(QIBT)に入学。

2013年、Griffith大学に編入。マーケティング専攻。

2015年7月、Bachelor of Businessを取得・卒業。

 

留学中、QIBTの卒業式にて卒業生代表スピーチを行う。

大学卒業時には、成績優良者上位5%に授与される「Academic Excellence Award」を受賞。

幼少期に、父から"発音のみ"教えられるものの、本人はそのことは全く覚えておらず。

地元の中学校の普通の英語の授業で、ネイティブ発音ができるようになる。

オーストラリア留学を経てより耳が鍛えられ、今では音を聞くだけで舌の形がわかるようになってしまい、

発音の仕方を教えられて、かつ発音の評価もできるようになったので、

必要としている人がいるのであればお役に立てるのでは、と教え方研究所へ入社。

 

現在は発音アドバイザーとして、主に英語発音矯正塾で講師として指導・発音チェックを担当。

Erikaの脳内にある発音評価方法を、アプリでできるように開発中。

 

代表挨拶

​教え方研究家 田中栄一からのメッセージ

​私は、勉強やビジネスのためではなく、

文字通り命を守るために必要に迫られて英語を身につけました。

 

以前ハンググライダーのインストラクターをしていた頃、オーストラリアの世界チャンピオンの元へ単身武者修行に出かけました。今考えると非常に無謀だったのですが、その頃は英語がまったく話せなかったので、相手の言っていることがわからず自分の意志も伝えられず、毎日が苦労の連続でした。

 

ハンググライダーで空を飛ぶということは、事故が起きれば即生死にかかわる事態になるということでもあり、自分の意志が伝えられないのは、致命的な欠陥を抱えて飛ぶことになります。

 

そこで、師匠のチャンピオンにしつこいくらいにつきまとって発音を聞き取り、どうやったら通じる英語が話せるかを自分なりに研究し徹底的に練習しました。

 

元来深く突き詰めたくなる性格なので、非常に細かいところまで分析して、通じる発音の仕方を独学で身につけました。自分ができるようになってみると、日本人は皆正確な発音ができていないことに気づき、今度はそれを教える方法を研究し始めました。

そしてそれを娘たちで試したところ、この方法が間違いなく結果を出すということが実証されたのです。20年かけた実験の結果は、この動画を見ればおわかりいただけるでしょう。

 

一般的な「Repeat after me. 真似して自分で覚えてください」という教え方では、なかなかお手本通りにはできないし、明らかに自分の音は違うのに、どうやったらできるのか正解がわからず、つまずいてしまいます。

 

このような、受講者の能力に頼る曖昧な教え方ではなく、

『誰でも確実にできるようになる方法で教える』

それが私のポリシーです。

 

学校教育以外にも、スクールや教材が日本中に溢れているのに、英語を話せる日本人がこれほど少ないのは、何かが間違っているからにちがいありません。

 

その間違いを正すことができるのが、『発音』だと思います。


英語学習を始める際、まず最初に会話の基礎となる『発音』を教えるべきなのです。

 

この『発音トレーニング』は、日本の英語教育を変えるものとなると確信しています。