幾何学クイズ透明

発音は、サイエンス。

数学と幾何学のツール

発音は、技術である。

​「発音」とは、言語音を発すること。また、発せられた言語

(大辞林より)​

​すなわち「発音力」とは、​

話すこと(筋肉を動かして、英語の音を自分の口から出す)=スピーキング

聞くこと(自分の言語として、脳で処理できる状態)=リスニング

​感覚の元となる「音」を分析 → 数値化

音や口の形を客観的に理解して、物理的に口を動かす


明確な点数基準で、評価

評価をもとに、診断

診断結果をもとに、トレーニング方法の提案

「技術習得の4ステップ(理解・体感・体得・深い理解)」で上達

だから、誰でもできるようになるんです👍

 

発音」がとにかく重要な3つの理由

『 英語はまず、発音から。』

​私たちがそう思う理由をご紹介します。

発音できる音は、聞き取れる

唐突ですが、あなたが聞いたことのない単語「ガパオライス」と人に言われたとしましょう。

ライスは"ご飯"だろうけど、ガパオの意味がわかりません。でも、あなたは聞いた音をそのままリピートして言えます。「がぱおらいす」と検索してみると、「タイ料理の炒めご飯」だということがわかりました。

このできごとを、分解してみましょう。

  • 知らない単語を言われた → でも音真似できて、自分で発音できた

  • 音真似(=発音)ができるということは → その音を出すための口の形が作れるということ

  • 口の形がつくれるということは → それは自分の話せる言語の音​だということ

  • 音がわかるということは → 聞き取れているので、文字におこして検索できた

  • 結果、単語の意味を知ることができた

初めて聞いた知らない単語でも、

音マネ発音ができれば、それは聞き取れているということで、文字化できるのです。

これが実はすごく重要なこと。​英語で知らない単語を言われてたとしても、英語の音を自分の口から発音できれば、音からスペルを想像できるため、辞書を引いてその単語の意味を調べることができます。外国語を学ぶ上で、「発音力」はとても重要なことです。

理解スピードがまるで違う

英語の音が発音できると、脳の構造上、英語を英語として理解することができるようになります。

これがいわゆる、「英語脳」というものです。


今あなたは、この日本語の文章を読んで、瞬時に意味を理解していますよね?これは、日本語で「自動処理」がなされているため。日本語の音を発音できるので、文字を読む時に同時に頭の中で音読していると思います。音読しながら同時に意味を理解しているのです。


英語を理解する時に、いちいち日本語訳を介していたら、そりゃ脳みそは疲れてしまいます。

英語を英語のまま理解するためには、脳に英語の音をインプットしておくことが必要なのです。

キレイな発音は、説得力が違う

せっかく良いこと言っているのに、発音で台無しになっちゃってる・・・なんてことはありませんか?

 

アナウンサーの話す内容は、スッと頭に入ってきますよね。でも、滑舌が悪かったら、「今なんて言ったんだろう?」と考えてしまい、肝心の内容が頭に入ってきません。

ごにょごにょとボソッと喋っていては、あなたがどれだけ熱烈に話していても、熱意は伝わると思いますが、あなたの主張は上手く伝わらないかもしれません。

 

クリアな発音で話すと、相手の聞く態度が明確に変わります。
相手の脳みそに負荷をかけることなく、こちらの意図を一発で伝えられること、説得力を補う大きな要素です。

キレイな発音は、心をつかむのです。