Ayaさんは、なぜ子どもと一緒に発音トレーニングを始めたのか?

小学生と幼稚園の男の子のお母さん。親子で楽しく発音トレーニングしています!


Ayaさん

発音トレーニングを始めたきっかけ


長いあいだ、子どもたちが通う英会話教室を探していたんです。


子どもに英語をやらせたいと思ったのは、私程度の英語力でも、海外に行った時や、受験、就職など、助けになった場面がたくさんあったからです。それに、子どもたちの世代では、私の時代以上に"英語が話せる"ということは必須だと思ったからです。


また経験上、私の英会話レベルではダメだとも思ったので、完璧な英会話を学べる教室を探しましたが、何年も見つけることができませんでした。



理想の英会話教室を探して


知り合いのお子さんが大手の英語塾に通っていたので、一緒に通わせてみようかと思ったこともありました。

『英語塾の違いによってどれくらい"流暢さ"が違うのか?』を知りたくて、その子にごくごく簡単な英語で話しかけてみたことがあります。でも、一度も英語では返ってきませんでした。流暢さという段階ではまったくなかったんです。

リンゴは英語でアップル !?
リンゴは英語でアップル !?

みんな、単語はたくさん知っているんです。

だから例えば「リンゴは英語で?」のように、『日本語を英語にして』と言うと、「アップルだよ!」とカタカナの単語がいっぱい返ってきます。


英単語を"知っている"だけでは、なかなか会話につなげられないんだと改めて思ったので、個人でやられている英会話塾の体験授業も受けてみましたが、私の思う英語ではありませんでした。



私も英語が話せるわけではありませんし、RとL、THの聞き分けもできませんでしたが、自分の中に『好きな英語の音』というものがずっとありました。


初めてその英語を話す先生に出会えたのが、教え方研究所のえりか先生であり、

長年の発音に関する疑問について次々と解説してくださるのが、田中先生でした。




教え方研究所との出会いはClubhouse


なかなか納得出来る教室が見つからず、英語教育番組をみる程度に留まっていたとき、Clubhouseで英語に関するお部屋をいくつか聞いているうちに、田中先生のルームに出会いました。


そこで田中先生は、英語の音の種類、またその一つ一つの発音の方法について詳しく解説していました。

英語学習に関するトークルームでは珍しく、英語の実用的なフレーズやコミュニケーションを紹介するのではありません。ただ発音のみに焦点をあてて、詳しく解説しているのです。


「英語の発音には日本語では発することがない音が多く含まれていて、それを理解しないまま英語を聞いたり話したりしても、効果は薄い。」と田中先生は言います。



”バイリンガルになるための一番良い方法は、発音を学ぶこと”

という教え方研究所の理論は、私にとって新鮮で、強く興味を持ちました。



田中先生は、私が長年抱いていたたくさんの違和感を、「英語を学ぶ日本人が陥りやすい勘違い」として言葉で発信していました。今まで感じていた、形にならない疑問の輪郭が少しづつ見えてきました。


Clubhouseを聞きながら、メモを取り、一週間ひたすら練習しました。

そのうちClubhouseだけでは物足りなくなり、【英語発音セミナー】【英語発音トレーニング 体験会】を受け、田中先生の理論と、えりか先生の美しい発音に感動して、受講を決めました。



いよいよ受講開始!


田中先生に相談して、いろいろなアドバイスをいただいて、納得できたことがあります。

それは、子どもに本当の意味で英語を習得してもらうためには、2つの大事なことがあるということです。


  1. 母親(父親)が日本語と同じように話しかけて教えるのがいちばん良い

  2. その時に間違った発音で教えてはいけない


そこで、私は英語の発音に必要な口の動かし方を学ぶ【基礎講座】から始めることにしました。

そして長男は、子音と母音の発音方法が学べる【初級講座】を大人に混じって受講させ、

次男には、幼児向けに内容を易しくした【えいご発音あそび】で、私が子どもへの教え方を学び、それを子どもに教えるという方法を選びました。

オンラインのグループレッスンです
オンラインのグループレッスンです

基礎講座のトレーニングが始まると、謎の動き(^^;がたくさんありましたが、Clubhouseでは知り得なかった細部まで教わることができて、毎週のセミナーと毎日の体得トレーニングがとても楽しかったです


一見すると簡単そうに見える動きも、自分でやってみると全くできませんでした。

最初は、3週間でできるようになるのか半信半疑でしたが、続けていると口も舌も動くようになり、舌や喉、鼻の奥など口腔内の細かい部分を意識して動かせるようになったんです。


今まで生きてきて、口の中をこんなに意識したことがなかったし、大人になってからでも動かせるようになるんだ!という新たな発見がありました。


セミナー中や、体得トレーニング中には、眠くないのにあくびがたくさんでたんです。これは後に、息の量が関係していることがわかりました。

「英語発音に必要な空気量は日本語の約4倍」という田中先生の言葉がよく理解できて、普段の日本語の会話ではあまり息を使わずに話しているんだなぁ、と実感しました。


毎週のセミナーとは別に参加できるフォローアップ会もあって、自分が質問するだけではなく、他の受講生の質問も聞けるので、自分では分かっているつもりになっていたことでも、新たな発見があり、とても勉強になります。



毎日のトレーニングが楽しくて


英会話スクールを決めかねていた理由がもうひとつあります。

それは、1週間に1回通うだけでは、大きな変化はないのではないか?と思ったことです。


その点、教え方研究所では、体得トレーニングという、ビデオを見ながらやるトレーニングがあって、毎日、何回でも練習することができますし、疑問があれば、セミナービデオを見直して確認することもできます。

だから気になることがあれば、先生がいなくても、好きな時に何回でもビデオを見返して練習できるんです。


私自身が正確に発音できるようになれば、子どもにも正確な発音を毎日聞かせてあげることができます。

私がトレーニングしていると、子どもも興味を持って一緒にやったりして、今も楽しく続けています。


毎日のトレーニングで同じことを繰り返す。

だから体に染み込んで自分のものにできる。


これは全ての事に繋がっていると思います。成し遂げたいことが何だろうが、毎日コツコツとやるべきことを続けることしかやり方はなくて、それらを全て提供してくれるこの講座はとても近道なんだと実感しています。


 

0件のコメント