凛 福子さんにききました

凛 福子 さん

フリーランスエディター&ライター

凛 福子 さん

教え方研究所との出会いは、clubhouseで田中栄一さんのルームに興味を持ったことでした。

タイトルを見て、たまたま、おもしろそうだな……と思って入ったのですが、その時はたまたまルームにいた人の数が少なかったこともあり、ゆっくりお話しできました。

私は幸いにも幼少時から英語に触れる機会に恵まれたこともあり、学生時代も英語は得意科目でした。進学先も短大の英語科で実用英語を専攻、ESSに入部したこともあり、今、振り返れば英語力においてピークの現役時代だったといえるこの時期は、いわゆる「英語で考える」ことが少しはできるくらいでした。

しかし、社会人になってからは仕事で英語を使うようなこともなく、英語力はさび付く一方。旅行や日常会話には困りませんでしたが、たまにネイティブの方とお話しする機会があっても、頭の中で日本語で考え、それを英語に変換し、口から出るまでが「遅い!!!」と自分でもイラつきを感じるほど。

発音においても、子どものころから親しんできたおかげか、日本人にしてはまぁまぁマシな方ではあったかとは思いますが、ネイティブ並みか、バイリンガルか、と聞かれれば、まったくそんなこともなく、とはいえ、これといったよい改善方法にも画期的なレッスンにも出会わないままになっていました。

そんなときにclubhouseで田中さんから「英語は発音から」「大人になってからでもできる!」と聞き、共感。これまで英語を学習してきた中で、聞いたことのない音は発せられない、自分が発することのできない音は聞き取れない、ということは実感していましたので、発音がまず重要というお話はとても納得でき、受講を決めました。


私にとって新鮮だったのは、必要なのは……

スポーツにたとえるならば、まず筋トレだ! ということでした。

英語がどうこうというより、まず日本語にはない音を出せる、口や舌を鍛える、ということなんですね。

まず参加したのは、10週間の初級講座(受講当時、現在は8週間)。初級では単音と呼ばれる発音記号で示されるひとつずつの音のレッスンを受けます。

講座は週に1回のオンラインでのレッスンと、残り6日のビデオによる自主トレで構成されています。自主トレのビデオは、すごいスピードで進んでいくので、余計なことを考えたり、飽きたりする余地はないという印象でした。

オンラインレッスンでは、自主トレしたそれぞれの音について、エリカ先生により発音チェックと、より正しく発音するためのやり方やコツなどのアドバイスで進みます。

こちらも、スピード感あふれるレッスンです。

また、レッスンはマンツーマンではなく、クラスメイトと呼ぶべき仲間がいるのですが、初級講座では私のほかにもう一人、いらっしゃいました。ライバルというより、同士という感じですね。お互いの発音を聞いて学ぶこと、気づくこともありましたし、いっしょに上達していかれる仲間がいることは、やる気やモチベーションにつながり、私個人の感想としてはマンツーマンレッスンよりよかったと思いました。

発音チェックでは毎回5点満点で点数がつき、その採点表と、先生からの注意ポイントも、メモがレッスン後に送られてきます。

このメモがその後の自主トレ時に大いに役立つと共に、点数が少しずつアップしていくのが楽しみでした。

正しい発音ができるようになると、ヒアリングの力がグッとアップするようです。私は幸いにも、ヒアリングにはそれほど困難を感じていなかったのですが、それでも、ネイティブの方の話し方の訛りやクセなどが聞き分けられるようになり、ヒアリングが改善されているのを実感しています。

現在は中級講座を受講中で、単音から複数の音のつながりを学んでいます。単音では出せた音も、複合的になるとどれかがおろそかになったりと、まだまだ難しいですが、手ごたえを感じます。

中級講座は3名で受けていますが、先日は全員が満点を出せた音があって、みんなで感激しました。

 

明るく楽しい先生と、励ましあえる仲間とのレッスンは刺激的で、気分も沈みがちなコロナ禍にあって、ひとつの楽しみになっています。

よりなめらかに英語が話せることを目標に、引き続きがんばっていきたいと思います。

教え方研究所より

もともと英語にはそれほど困っていなかった福子さんですが、それでもトレーニングしてみると、たくさんの気づきがあったようです。

ライターの福子さんは、受講者のみなさまのインタビュー記事を書いてくださっていました。ありがとうございました!