top of page

【初級講座】で英語の『音』をトレーニング

更新日:2023年7月19日

小学生と幼稚園の男の子をもつAyaさん。親子で楽しく発音トレーニングしています!


Ayaさん

長男とともに『音』のトレーニングを開始!


私が【初級講座】を受講した時期に、長男も違う時間帯で【初級講座】を受講しました。

英語発音矯正塾の【初級講座】は、いわゆる英会話ではなく英語の母音と子音の発音をトレーニングする講座なので、小学5年生でも大人と一緒に受講できます。


ただそうは言っても、オンラインで2時間という長さは初めてだったので心配しましたが、えりか先生や他の受講者の方々にもあたたかく見守っていただいて、無事に8週間の受講を終えることができました。


受講期間中は、親子でそれぞれの音を確認しあったり、ビデオを見ながら一緒に体得トレーニングをしたりと、お互い良い刺激になりました。

講師えりかのアドバイス「たまたまできた5点よりも、安定した4点の方が価値が高いです」
講師のえりかです

安定して良い音を出せるように


毎回のセミナーでは、習った音の発音チェックをしてもらい、

5段階で採点してくれます。


私が「5点とれた音があったよ!」と言うと、

長男から「まぐれの5点は意味ないよ。」と返ってきます。


これは、「たまたまできた5点よりも、安定した4点の方が価値が高いです。」というえりか先生を真似しているんです。^^;


そうですよね、

まぐれでその時だけ上手くできても、いつもできなければ意味がありません。



実はフォローアップ会がとても重要


毎週のセミナーの他に【フォローアップ会】というのがあって、練習していて上手くできないことなどをなんでも質問できるんです。

ここでは、同じ質問をしても何度でも答えていただけるので、私にとって講座を進める上で無くてはならない時間でした。


自分の発音を聞いてもらって修正してもらうことが多いのですが、たとえほぼ完璧な発音ができたとしても、単にOKというだけではなく、より自然な形で発音できるよう、プラスアルファを指導していただけます。


ここには中級や上級講座の人も参加していて、私の知らない難易度高めの質問をしているのを聞けるので、この先のイメージが膨らみとても励みになります。

また、他の方の質問を聞くと、自分が理解に至っていないことに気付けるので、とても良い機会でした。



【初級講座】の衝撃


初級講座は"英語に必要な35種類の音"について、発音方法の解説や、きれいに発音するためのトレーニングをします。

そして先ほども述べた通り、えりか先生が発音をチェックしてくれて、具体的なアドバイスをいただけます。

テンポよく進んでいくので初日はそのスピード感に驚かされ、2時間があっという間でした。

ですが聞き逃した部分や、一度で理解できなかったところも、トレーニングサイトでセミナーの録画を見返すことができるので安心して受講することができました。 トレーニングをした後で復習してみて理解が深まる部分もあったので、セミナービデオがとても役立ちました。

セミナーでは、"TH" や "R" といった英語独特の発音はもちろん、"あいうえお" といった日本語にもある音についての指導もあります。 衝撃的なことに私は "あいうえお" もきちんと発音できておらず、正しい口の大きさや舌の位置を初めて学びました。 正確な発音をトレーニングした後は、英語だけでなく日本語の滑舌も良くなったような気がします。


発音評価基準
発音評価基準

上達を実感できるから続けられる


発音チェックの結果は、毎回もらえる発音評価表で確認します。

1~5の点数評価で、1点は赤、5点は緑で表されているので、最初は要注意の赤や黄色が多かったのが、回を重ねるごとにだんだん緑に変わっていく色の変化で自分の発音の変化が分かるようになっています。


目で見て自分の発音のレベルアップを実感できることが、モチベーション維持につながりました。



【初級講座】と【えいご発音あそび®️】を同時に受講


【初級講座】とほぼ同時に、【えいご発音あそび®️】講座の受講も開始しました。

【えいご発音あそび】は、発音トレーニングを幼児向けに易しくしたもので、親が学んで子どもに遊びながら教えます。


子どもが直接習うのと違って、親が毎日何度でも教えることができるので、子どもの吸収も早く、どんどん上達していくのを見守ることができます。


つまりそれは、私の発音の良し悪しが、そのまま子どもの発音に影響するということなので、真剣さがより増しました。

そこで役立ったのが、【初級講座】です。


初級講座で単音を学び → フォローアップ会で細かい所を修正してもらって → えいご発音あそびで子どもに教えるためのカリキュラムや再度単音を学び → それを子どもに伝える

という一連のサイクルがまわり出しました。


前回の記事で、「初級講座なしでは子どもに教えることは不可能だと実感しました。」と書いた理由はこれです。

私が初級講座で学んだだけでは、子どもに教えることは難しかったし、えいご発音あそびだけでは私がお手本を見せることができませんでした。



初級講座を終えて


一週目は、訳もわからず日々続けていた体得トレーニングも、次第に意味が理解できるようになり、8週間の受講を終えることができました。

【基礎講座】で鍛えた筋肉を使って、単音の精度を極めていく作業は、とても充実感があり、楽しい期間でした。

身につけた『筋肉の動き』と『音』をこれからも保ち続けたいと思います。


Merry Christmas !
Merry Christmas !

 

【英語発音矯正塾】各講座の詳細は、こちら↓をご覧ください。


【初級講座】 (スタンダードコースLevel 1に変わりました)

 *現在【えいご発音あそび】の受付は休止しています


コメント


bottom of page