北庄司 福子さんにききました

北庄司 福子 さん

英語コーチ

北庄司 福子さん写真.jpg

英語コーチの私が30年間していた、大きな勘違い

 

私は英語コーチとして、英語初心者を3ヶ月で話せるようにするサポートをしています。

 

いまでこそ、こんな成果をだしている私ですが、30年以上英語に携わってきて、講師・コーチとして8年間、大きな勘違いをしていました。

 

さかのぼると、大学生のころ。

当時の私は・・・イギリスの大学に留学しました。

卒業後、帰国してからは企業で翻訳や通訳など、英語に関する仕事をずっと続け、その後、英語コーチとして仕事をしています。

当時の私は、発音はそんなに大事ではないと思っていたんです。

 

ネイティブっぽい発音ではない、どちらかと言うと、日本人っぽい発音だと気になりながらも

「通じるからいいか」と放置していたんです。

 

その後、英語講師、英語コーチとして、教える立場になりました。 

その時も、クライアントさんには「文法と英語を話す実践が大事だよ」と教えてきました。

 

そんな私が、大きな転機を迎えたのです。

 

 

告白しますと、

私は、ある罪悪感をかかえながら、クライアントさんに英語のボイスメッセージを送っていました。

 

英語コーチとして4年間、発音に自信がないなかで、クライアントさんの役に立てば、と毎日頑張って英語のボイスメッセージを送ってきました。

 

しかしながら、私の心の中には、あるものが潜んでいました。それは、

 

クライアントさんも私のような発音になってしまうのか、

という罪悪感です。

 

こんな罪悪感を抱えながらクライアントさんをサポートするのはいけないと思い、思い切って、発音を学びはじめました。

一般的な発音セミナーでは「こんなかんじだよ」と教えてくれますが

教え方研究所で学んだことは、まるで別次元のことでした。

 

あご、唇、舌の動かし方や喉の使い方

そういった、外からでは見えないような内側のことを教えていただいたので、

初級から上級の24週間という短期間のうちに英語発音がみるみる変わり、

自信をもって、クライアントさんに英語のボイスメッセージを送れるようになりました。

そして、私が声を大きくして言いたいことがあります。

 

それは、

 

初心者の時から、発音をキレイにしておくべきだ

 

ということです。

 

 

なぜなら一般的には、文法、単語が大事だと言われていますが、

『その文法をカタカナ発音の日本語英語で学ぶのか』それとも『ネイティブのようなキレイな発音で学ぶのか』

では、その後の上達が全く違うからです。

私自身の経験から、一度しみついた日本語英語は、なかなか癖をとるのが難しいです。

 

初心者こそ、英語学習の最初に、発音の美しさを手にいれていただきたいです。

 

 

英語発音を初めて学ぶ方や、英語初心者は、私にできるのかな? と不安になる傾向がありますが、教え方研究所の講座は受講生ひとりひとりに寄り添って、丁寧に指導してくださるので安心して受講できます。

 

教え方研究所より


北庄司さんのおっしゃる通り、英語を『カタカナ発音の日本語英語で学ぶのか』それとも『ネイティブのようなキレイな発音で学ぶのか』では、結果が大きく変わってきます。

英語を知識として学ぶだけではなく、言語として使えるようになりたいのなら、『発音』から学ぶことが最も効率的です。

また、英語コーチとして生徒さんに教えている北庄司さんは、​【上級講座】まで学んだ後【指導者研修会】も受講されました。

英語発音矯正塾では、ご自身の発音力の向上に加え、「どうやったらその音が出せるのか」といったメカニズムの部分まで詳細に解説しているので、指導者の方にも好評をいただいております。

北庄司さんは、今後は教え方研究所認定講師として、クライアントの方に発音を教えていただく予定です。

今後のご活躍が楽しみです!(^^♪